うつ病に悩んだら【レクサプロで悩みを解消する】

サプリメントを購入するときに覚えておきたい基礎知識

選択的セロトニン

選択的セロトニンの再取り込み阻害薬のなかでトップランクのエスシタロプラムという成分

うつ病やうつ状態の脳内は、神経伝達物質の量が減少していて、この神経伝達物質についてはノルアドレナリンやセロトニンが有名です。 レクサプロ(成分はエスシタロプラム)は日本では新しい部類のSSRI=選択的セロトニンの再取り込み阻害薬であり、セロトニンを増加させて、抗うつ効果を発揮しまするだけに留まらず、既存のSSRIを含めて代表的な抗うつ薬では、比較的副作用が出にくいとされており、世界で最も販売実績が高いSSRIなのです。 レクサプロの効果が充分に実感できて、気分も安定してきたと感じる人は、そこから半年から1年程、レクサプロの内服を継続する事が重要です。 効果を感じで内服を止めると、時期的に再燃しやすい為、継続しましょう。1年経っても、再発の兆候がなくて気分もずっと安定していれば回復したという事です。

選択的セロトニン阻害作用が強い事により、他の効果も期待される抗うつ薬

成分のエスシタプラムは、既存3種のSSRIよりもセロトニン再取り込み阻害作用の選択性が高く、ドパミンやノルアドレナリンのその作用が相対的に弱いものとされています。その為、SSRIで見られる副作用の中で、ドパミン再取り込み阻害による嘔吐等の悪心、鎮静、低血圧と、ノルアドレナリンの再取り込み阻害による頻脈、振戦、睡眠障害、そして低血圧等が軽減できる可能性が高いと期待されています。 新しい作用により抗うつ薬剤の効果が顕著で、同時に副作用の抑えた抗うつ薬こそがレクサプロと言えますが、後発品が国内において、ほかのジェネリック系医薬品と異なり、全く販売されていません。 どうしてもコストダウンさせたい人は、個人輸入という方法で手に入れる事もできます。